自分の写真
那覇市, 沖縄県, Japan
沖縄県内の児童養護施設・ファミリーホーム・里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、
          自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体です


ブロク更新をメールで受け取る→読者登録
サポーターになってくださる →サポーターお申し込み へどうぞ。
*にじのはしファンドの旧ブログで読者登録して下さっていた方は、お手数ですが改めて読者登録をお願いいたします。

2010/12/31

年賀状で知った方へ

大晦日ですね。
もう、あと数時間で2011年の幕開けです。
実は、このプロジェクトについて年賀状を送った方、約120名ほどにお知らせしました。
なので、年賀状から来た方は12月30日の最初の記事をまず読んでみてください。概要を書いてあります。
よろしくお願いします。
あと、具体的なアクションについては気になった方へ、という記事をぜひ読んでください。
お手数ですがよろしくお願いします。
あぁ、うちの子たちが早く親戚の家に行こうと急かしています・・・。
ごめんなさい、短いですがこの辺で。

5 件のコメント:

  1. 年賀状で拝見しましたよ^-^
    もちろん賛同いたします☆
    ツイッターでもつぶやいてみました。
    これから、にじのはしがどんどん大きくなりますように。

    Posted by ひさこ at 2011年01月02日 11:54

    返信削除
  2. 年賀状ありがとうございます。
    早速「にじのはしファンド」で検索し、みきさんの行動力に感嘆しました。
    個人的にも沖縄の子供の貧困がとても気になっていました。
    学習する機会をチャンスは誰にも平等にあるはずです。
    これからの沖縄を長期的視野で考えるならば、沖縄のボトムアップが必要不可欠。
    そのためにもにじのはしファンドのような活動がとても大事だと思います。
    みきさん、さすがです。
    私もツイッターやFACEBOOKで広報しますね!
    もちろんファンドにも参加します。

    Posted by エレファントライフ トモリ at 2011年01月03日 16:55

    返信削除
  3. 今度の3期同期会の時に話せたらいいのですが、忘れそうなので書いておきますね。

    どこの県だったかな、経済的な理由で塾に通えない子のために、一流大学の学生さんがボランティアで「タダゼミ」をした(これから2回目?をする)という記事を先日見つけました。
    そういう感じの寺子屋的なのを、自分の子が通う小学校の居場所つくり活動の一環でできないかな~と、ヒソカにもくろんでいるところなのですが、ファンドの1つとしてそういう活動も含められたらどうかな? とも思っています。琉大生(教育学部生)とか、実践力育成にもつながると思うし。
    自分が学生時代にけっこうガンガン実習に行って(行かされて)大変だったけど、学生のうちにやっててよかったなーと現場に出てから切実に感じたよ。
    まあまあ、話すと切れ目がないのでまた今度ね^-^/

    Posted by ひさこ at 2011年01月03日 21:36

    返信削除
  4. ひさこさん

    コメントありがとう!
    本当に心強いです。よろしくね。
    あと、学生ボランティアで子どもたちに
    勉強を教えてくれるという仕組み、いいね~。
    学生さんとうまくつながっていけるように、
    ゼミの先生の協力が必要かな。
    誰か知っている先生いるかな?

    Posted by にじのはしファンド at 2011年01月04日 23:48

    返信削除
  5. エレファントライフ トモリさん

    いやいや、エレトモさん(って略あり?)も
    行動力すごい!
    さっそくツイッターで見た方から
    メールが届いていました。
    ありがたいです。
    今年もどうぞよろしくお願いします!

    Posted by にじのはしファンド at 2011年01月04日 23:51

    返信削除