自分の写真
那覇市, 沖縄県, Japan
沖縄県内の児童養護施設・ファミリーホーム・里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、
          自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体です


ブロク更新をメールで受け取る→読者登録
サポーターになってくださる →サポーターお申し込み へどうぞ。
*にじのはしファンドの旧ブログで読者登録して下さっていた方は、お手数ですが改めて読者登録をお願いいたします。

2012/11/30

琉球新報(H24年11月13日)に載りました


里親家庭の特集記事でにじのはしファンドの活動も紹介されました。

里親歴38年の當山会長とその里子の比嘉さん、
児童福祉専門の加藤学長と児童相談所の川原所長で
約2時間半の中身の濃い座談会でした。

にじのはしファンドの活動は
児童養護施設を退所した子どもたちが対象ですが
里子やファミリーホームの子どもたちの様子を聞いて、
やっぱり18歳以降の支援が必要なんだなーと感じました。

私たちのように
民間で子どもたちを支える活動が広がって
これらの問題の社会的認知度が高まって、
いつかは国が制度として整備してくれたらいいのになーと
心から願います。

0 件のコメント:

コメントを投稿