自分の写真
那覇市, 沖縄県, Japan
沖縄県内の児童養護施設・ファミリーホーム・里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、
          自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体です


ブロク更新をメールで受け取る→読者登録
サポーターになってくださる →サポーターお申し込み へどうぞ。
*にじのはしファンドの旧ブログで読者登録して下さっていた方は、お手数ですが改めて読者登録をお願いいたします。

2015/11/01

DNさんの旅立ち

サポーターのみなさまへ

急ですが、DNさんについてお知らせがあります。
今年3月からサポートを開始したばかりでしたが
9月末で大学を中退しました。

彼とは何度か話す機会があり、
家族のこと、バイトのこと、大学のことを聞きました。

いろんなことに興味関心を持ち、積極性のある学生でした。
ただ、抱えている問題もあり、彼なりに考えて出した結論だと思います。
自分で決めた旅立ちに、
おめでとう、って元気よく送り出してあげたいと思います。

にじのはしファンドでは、経済的な支援が主になりますが
最後まで応援できなくなってしまった子どもたちの事を思うたび
もっと何か出来たのではないか、と考えてしまいます。
それぞれが抱える事情に寄り添うことはなかなか難しいことです。

実は、先月中旬に、県内のにじのはし学生を集めて
小さなユンタク会を開いてみました。
そしたら3名の学生が来てくれました。
いろんなことを話してくれて、また次回もやりたいと言ってくれたので
半年に1度ぐらいのペースでやってみようかと思っています。
こんな当事者同士のつながりが、子どもたちの今後の支えになったらいいなと
希望を持っています。

さて、こちらがDNさんの最後のお便りになります。
突然ではありましたが、何かとても清々しい様子が伝わります。

彼が今後も行く所々で、彼らしく生きて行くことを
陰ながら応援できればと思います。

サポーターのみなさま、DNさんの応援をありがとうございました。

以下、彼のお便りです。



「名古屋行きのチケットを下さい」
僕は今、空港にいます。
昨日、目が覚めてどこか行こう!
と思い立ち直ぐにバイト先に向かった。
今日で辞めさせてください!
正確には「今日で辞めます」と言った。
そのあと通っている大学に行き
退学申請をした。
そして、今日手続きを済ませ
晴れて自由人になったわけだが。
学生という身分を捨て仕事も捨て
身ぐるみ剥がされた。
いや、剥がした(笑)
正直に言うと何も考えていない。
想像できてしまうと面白くないからだ。
それはさておき、
ここで報告することになってしまい
本当に申し訳ないです。
しかし今は楽しみで仕方ない。

そのあとのことは
やってから考えるべ(笑)  by 高橋歩

1 件のコメント:

  1. 挑戦すれば、成功もあれば
    失敗もあります
    でも挑戦せずして成功はありません
    何度も言いますが挑戦しない
    ことには始まらないのです
    野茂英雄

    返信削除