自分の写真
那覇市, 沖縄県, Japan
沖縄県内の児童養護施設・ファミリーホーム・里親のもとを巣立ち、大学・専門学校へ進学または資格取得のためにがんばる子どもたちの、
          自助努力を大切にしながら経済的サポートをする団体です


ブロク更新をメールで受け取る→読者登録
サポーターになってくださる →サポーターお申し込み へどうぞ。
*にじのはしファンドの旧ブログで読者登録して下さっていた方は、お手数ですが改めて読者登録をお願いいたします。

2016/04/09

会則改定のお知らせ

サポーターのみなさま

こんにちは。
にじのはしファンド代表の糸数未希です。
今年度も子どもたちの応援をありがとうございます。

新年度に入り、9名の子どもたちをにじのはしファンド学生として
迎えることが出来ました。

昨年も、多くの方にサポーター登録いただき、気づけば5年が過ぎ、3月末現在500名を超える方々に支えていただいております。本当にありがとうございます。

さて、今回はとても大切な会則の改定についてのお知らせです。

改定内容
・事業内容の追加
 第4条に(6)と(7)を追加
 (6)本会の事業計画及び決算の報告
(7)その他、子どもに関わる公的または専門機関からの要請で、本会が必要と認める
   支援

*改定後の会則本文については、ブログ左そでの会則から入っていただき、ご確認ください。

(6)については以前からみなさまに書面やブログで報告をしていましたが、会則に載せていなかったため追加しました。

(7)については、こちらが大きな改定となりますが、昨年末に具体的な相談があり、
事務局で話し合った結果、今年4月から一人の学生(Aさん)をサポートすることとなりました。

Aさんは事情が深刻なため、詳しいことをお伝えすることが出来ませんが、社会的養護が必要なお子さんであることは間違いありません。ですが、事情により公的機関での支援が受けられず困っていたところ、にじのはしファンドに相談があったため、事務局で状況を考慮し応援することにしました。

仮にAさんと呼びますが、Aさんの応援は3年間で毎月5万円の支援額に決定しています。
お便りに関しては、毎月ではなく、様子を聞きながら、こちらで出来る範囲の情報を提供したいと思います。

また、会則にも載せてありますように、特殊な要請に対する支援内容ですので、
オープンにさまざまな学生を公募するものではありません。
従来通り、にじのはしファンドは「児童養護施設、ファミリーホーム及び里親家庭の養育を受けた子どもたち」の経済的な支援を行う団体ですので、どうぞご理解ください。

当会でAさんのサポートをするにあたり、サポーターのみなさまのご理解とご協力をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

にじのはしファンド 代表
糸数 未希








0 件のコメント:

コメントを投稿